和将窯とは

Washoイメージ

山本 和哉(やまもと かずや)

1980年生まれ。

父の山本俊一が「和将窯」を設立。20歳で「和将窯」を手伝い始める。

その後、砥部焼の伝統を生かしつつ、白と黒をコンセプトに独自のデザインアートを展開。

2007年には愛媛陶芸展で最優秀賞を受賞する。

受賞したエチュード模様で、県内では一躍有名になり、エチュード模様をアレンジしたトライバル模様、フラワーエチュード模様など、新しいデザインを次々に作り上げ、2012年には5年連続受賞を達成。

和将ブランドの中には、シンプルなモノトーン調の「Washo」シリーズと 、ドクロやドラゴンなどを立体成型した「Blanco Negro」シリーズがある。

「Washo」シリーズはシンプルなモノトーン調で、エチュード模様にハートや華を描いた作品があり、引き出物やプレゼントとして人気がある。また「Blanco Negro」シリーズは、陶芸家山本が技術の全てを注ぎ込んだ至極の一品であり、ホテルや料亭など店舗のオブジェとして人気がある。

一人で2つの顔をもつ山本の作品は、一つ一つ手作りの為それぞれ模様が異なる。全てが世界でたった一つの価値ある作品となっている。


#受賞歴

2005 砥部焼祭新作展 努力賞
2006 砥部焼祭新作展 努力賞
2007 砥部焼祭新作展 愛媛新聞社奨励賞
愛媛の陶芸展 最優秀賞
日本工芸展四国支部展 入選
2008 愛媛の陶芸展 優秀賞
愛媛の陶芸展 奨励賞
21世紀えひめの伝統工芸大賞 奨励賞
2009 愛媛の陶芸展 優秀賞
2010 愛媛の陶芸展 優秀賞
2010 21世紀えひめの伝統工芸大賞 奨励賞
2011 愛媛の陶芸展 優秀賞
2011 愛媛の陶芸展 奨励賞
2012 砥部焼祭新作展 奨励賞
2013 砥部焼祭新作展 優秀賞
2013 砥部焼祭新作展 奨励賞
2014 愛媛の陶芸展 最優秀賞
2014 砥部焼祭新作展 奨励賞
2015 愛媛の陶芸展 優秀賞
2015 愛媛の陶芸展 奨励賞
2016 愛媛の陶芸展 最優秀賞
2017 愛媛の陶芸展 最優秀賞
2017 LEXUS NEW TAKUMI PROJECT
2018 愛媛の陶芸展 優秀賞

#会社概要

  • 和将窯(わしょうがま)
  • 企業年:1998年設立
  • ジャンル:砥部焼き
  • 作家:山本 和哉
  • 住所:愛媛県伊予郡松前町北川原921
  • 電話・FAX:089-985-0740
  • E-mail:unleash@washogama.com
  • HP:https://washogama.com/